So-net無料ブログ作成

Office 付きパソコンの譲渡と Office を再インストールする方法 [Office全般]

Microsoft Office 2016/2019 または Microsoft Office Premium を搭載 (プレインストール) のパソコンを譲渡する場合の譲渡方法と、譲渡された人が Office を使用するために必要となる手続き方法です。
Office の譲渡は一度に限り可能となっていますが、Office 365 サブスクリプションの譲渡は不可となっています。
Office Premium の場合は、 Office 365 サービス部分がこれに該当します。

プレインストール版の Office 2013 は、購入時に付属のプロダクトキーをそのまま使用するため、PC と一緒に付属のプロダクトキーカードも譲渡が必要ですが、Office 2016 などのように Microsoft アカウントと紐づけがされませんので、譲渡の手続きをしないでも再インストールすることは可能です。

Office 2016、Office Premium などの製品を使用するには、付属のプロダクトキーと Microsoft アカウントを使用してセットアップするようになっており、再インストールする場合などは、Office と関連付けされた Microsoft アカウントを使用して行うようになっています。

譲渡する人は、インストールされている Office 製品を含めて、パソコンを初期化して譲渡することもあると思います。
初期化された状態で譲渡された場合でも、譲渡を受けた人は正式な譲渡の手続きをすることで、付属の Office を引き続き使用することが可能になります。

このためには、購入時に付属していた Office のプロダクトキーカードを、譲り受けるパソコンと一緒に受け取る必要があります。
ただし、受け取った付属のプロダクトキーと、新たな Microsoft アカウントを使用して再インストールを行っても、「このプロダクトキーは既に使用されています」というエラーとなって、再インストールをすることはできません。

また、Office がインストールされた状態で譲渡を受けた場合でも、使用中にライセンス認証を求められる場合があり、付属のプロダクトキーを指定してもエラーとなって使用することができなくなります。

原因は、元のユーザーの Microsoft アカウントと Office のライセンス (使用権) が紐づけられたままの状態になっているためです。
元の所有者は Office に紐づけされている Microsoft アカウントやインストール用のプロダクトキーを、譲渡する人に開示するのは NG です。
※メールアドレス、所有者が保有する製品、支払いなどの情報が漏れてしまうためです。
※インストール用のプロダクトキーは、譲渡により元のアカウントから削除されるため、伝えても使えなくなります。

譲渡を受けた人が Office を利用したい場合は、Microsoft の担当窓口に連絡して譲渡の手続きを行う必要があります。
譲渡する元の所有者は、必要なものを渡すだけで他に何もする必要はありません。

譲渡するユーザーが引き渡しするもの
・PC 本体 (本来は付属品一式を含みます)
・付属の Office 用のプロダクトキーカード
※Office の所有者であることを示すものなので、譲渡を受けた人は持っていないと使用する権利がなくなります。
購入時に付属の Office のプロダクトキーカードが無いと譲渡手続きができないので、譲渡を受ける人は PC と一緒に受け取るようにしてください。

譲渡を受けた人が行う手続き
・PC本体とプロダクトキーカードを用意して、Microsoft のサポート窓口 (0120-54-2244) まで連絡して、譲渡を受けた PC に付属の Office を使用したいことを伝えます。
 譲渡を扱っている担当部署を紹介される場合は、そちらの窓口で手続きをします。
・いろいろ聞かれることに答えて、有償 (2~3千円) で新しいプロダクトキーと Office をインストールするための DVD を送付して貰うことになります。届くまで1週間前後かかります。
 ※DVD ドライブのない PC の場合は、どう対応すれば良いか忘れずに確認してください。
・手続きをすると、元のユーザーに紐づけされていた Office のライセンスが解除されて、新たな Microsoft アカウントで Office を再インストールすることが可能になります。

注) Office Premium 搭載の場合は、Office 365 サービスが付属していますが、これを利用できる権利は元の所有者に制限されていますので、譲渡できるのは永続ライセンスの Office Premium 本体 (のアプリ部分) だけになります。

zu181115-1.jpg
Office 付きのパソコンを譲渡する場合の手続きの流れ

Office の付いている中古 PC を購入時などは、付属しているもの次第ではグレーゾーンになるので、購入するときは正規のプロダクトキーが付いているか確認すべきと思います。


別購入した Office 2013、Office 2016、Office2019 などのパッケージ版については触れませんでしたが、元のユーザーの Microsoft アカウントと紐づけされている、同様の手続きが必要になると思います。

nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 5

田中 敏郎

記事読ませて頂きました。
譲渡ではありませんが。

Office 2013についてですがWin7よりWin10
にアップグレードしたいのですが
リカバリあるいはクリーンインストールした場合消えると
思いますが最インストール
の方法も同じようにすることでOKですか?
プロダクトキーは有ります。

よろしくお願いいたします。


by 田中 敏郎 (2019-04-13 14:21) 

s-zenba

Office 2013 は、プレインストール版とパッケージ版により、再インストールする手順が違います。
プレインストール版は、プロダクトキーを使用して再インストールしますが、パッケージ版は Office に紐づいている初回の Microsoft アカウントでサインインして、再インストールします。
Office 2016 以降は、すべて Microsoft アカウントで行います。

by s-zenba (2019-04-15 00:55) 

田中 敏郎

有難うございます。

Microsoft アカウントにはサインイン状態で現在使用しております。

クリーンインストールする前にサインアウトしてから操作を行い
Win10が立ち上がってから再インストールする時に
Microsoft アカウントにサインインして行えばよろしいのでしょうか?

再びの質問ですが宜しくお願いします。
by 田中 敏郎 (2019-04-23 18:03) 

s-zenba

OSをアップグレード(インストール)後に、
https://account.microsoft.com/services/ にアクセスして、
Office に紐づいている Microsoft アカウントでサインインし、Office をインストールします。

by s-zenba (2019-04-23 23:42) 

田中 敏郎

有難うございます。

アドバイス有難うございます。
感謝です。
by 田中 敏郎 (2019-04-24 15:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。