SSブログ

Office 付きパソコンの譲渡と Office を再インストールする方法 [Office全般]

Microsoft Office 2013、2016、2019 または Microsoft Office Premium を搭載 (プレインストール) したパソコンを譲渡する場合の譲渡方法と、譲渡された人が Office を使用するために必要となる手続き方法の紹介です。

----------
<重要> ----- 2021年11月22日 追加 -----
10月31日、11月22日に KENさんと moon さんからコメントを頂いているように、2021年10月に Office 2021 が発売された時期に合わせて、Office の譲渡サービス (譲渡方法) も変更されたようです。
※Microsoft コミュニティの質問、サポートに問い合わせされた方の本ブログへのコメント、Web上で公開されている Microsoft Setup オペレータの方のブログ記事などによる情報です。

従来はプロダクトキーを元に譲渡可能でしたが、2021年10月5日の Office 2021 の発売時期に合わせて譲渡サービスを終了したそうです。
このため、新しいバージョンの Office 2021 と Office 2019 は、以前のように付属のプロダクトキーによるサポート窓口の譲渡手続きができなくなって、元の所有者の Microsoft アカウントで使用することになるとのことです。
元の所有者のアカウントが使用できない場合は、新規に Office の購入が必要とのことです。

※Office 2016、2013、Premium の譲渡については、従来と同様の方法で譲渡可能とのことです。
※Microsoft 365 サブスクリプション製品と、Office Premium の Office 365 サービス部分は、元々譲渡不可の製品になっています。

------- 2021年12月5日 追加 -------
上記内容に関して、ユーザーが知ることができる公式情報は、Office アプリの [ファイル]タブ > アカウントの [xxxxx のバージョン情報] ボタンをクリックして参照できる、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項の、3項にある第三者への譲渡の条件になると思います。

この譲渡変更に対しての公式情報は現時点では公開されておらず、ユーザーにも周知されていない状態のようで、譲渡手続きしようとした方は、サポート窓口のオペレーターから言われるようです。
プレインストール版の Office は日本独特の製品で、デバイス ライセンスの製品ですが、ユーザーの Microsoft アカウントに紐づけされる矛盾した形になっています。
上記では Office 2019 以降が対象とのことですが、Office 2013 以降はすべてが譲渡対象外になると言われた方もいるようです。

ライセンスの保護の一環として譲渡サービスも変更が理由となったようですが、プレインストール版の Office 2013 は Microsoft アカウントに紐づけされないで、付属のプロダクトキーにより再インストールも可能となっているので、ライセンス条項などの公式情報の変更開示や、ユーザーに対して事前の周知なしで不可とするのは疑問が残るところです。
--------


以下は従来の記事内容ですが、参考のため残しておきます。
譲渡サービスの一部廃止、変更によって、プロダクトキーのある Office 2016 以前のバージョンのみが、従来方法で譲渡可能になった点に注意してください。

Microsoft Office の譲渡は Office 2010 以前の頃は1回に限り可能となっていましたが、ライセンス条項を見る限りこの制限は無くなっているようです。
PCに付属のプレインストール版は、付属PCのみで使用できる製品となっているので、譲渡回数の制限がなく、買い切りで別購入した Office の譲渡は原則1回限りになっているようです。

Microsoft 365 (Office 365) サブスクリプションの譲渡は不可となっています。
これは、月/年単位のサブスクリプション契約で、使用ユーザーのアカウントに登録のカードによる支払いを行う製品で、契約期間単位が永続ではないためと思います。
Office Premium 製品の場合は、 Office 365 サービス部分がこれに該当します。

プレインストール版の Office 2013 は、購入時に付属していたプロダクトキーを使用するため、PC と一緒に付属のプロダクトキーカードも譲渡が必須です。
Office 2016、2019 の場合は、付属のプロダクトキーカードは、初回の設定時の一度だけしか使用せず、元の所有者の Microsoft アカウントにライセンスが紐づけされるようになっています。
購入時のプロダクトキーカードを一緒に受け取っていないと、Office の所有者であることを証明できないため使用する権利が無くなり、所有者を変更して使用可能にするための譲渡手続きもできませんので、Office は使用することができなくなります。


譲渡する人は、インストールされている Office 製品を含めて、パソコンを初期化して譲渡することもあると思います。
初期化された状態となっていても、譲渡を受けた人は譲渡の手続きを行うことで Office の所有者を変更して、自分の Microsoft アカウントで Office を使用することができるようになります。
この譲渡手続きを行うには、購入時に付属していた Office のプロダクトキーカードが必要となるため、付属していた PC と一緒に譲り受ける必要があります。

注)譲り受けたプロダクトキーと、新たな Microsoft アカウントで再インストールを行っても、「このプロダクトキーは既に使用されています」というエラーとなって、再インストールをすることはできません。

原因は、付属のプロダクトキーは、元のユーザーが初回の設定で Microsoft アカウンに Office のライセンスを紐づけして使用のため、使用済みの状態となっているためです。
初回の設定で Office のライセンスを紐づけすると、付属のプロダクトキーは使用できなくなります。
Office がインストールされている状態で譲渡を受けた場合も、使用中や修復、更新などでライセンス認証を求められることがあり、付属のプロダクトキーは使用できないためエラーとなって、Office は使えなくなります。

重要
元の所有者は Office に紐づけされている Microsoft アカウントやインストール用のプロダクトキーを、譲渡する人に開示するのは NG です。
※個人情報、メールアドレス、所有者が保有する製品、支払い情報などが漏れてしまい、不正利用される可能性があるためです。
※アカウントページで表示されるインストール用のプロダクトキーは、譲渡手続きによって、元のアカウントから Office 製品が削除されるため、伝えても意味を持たなくなります。

譲渡を受けた人が Office を利用したい場合は、付属のプロダクトキーカードを使用して、Microsoft のサポート窓口に連絡して、Office の譲渡手続きを行う必要があります。
付属のプロダクトキーカードが無いと譲渡手続きができませんので、譲渡を受ける人は 必ず PC と一緒に受け取るようにしてください。

譲渡するユーザーが引き渡しするもの
・PC 本体 (本来は付属品一式を含みます)
・付属の Office 用のプロダクトキーカード
の2点だけです。
譲渡する元の所有者は上記を引き渡すだけで、他に何もする必要はありません。

譲渡を受けた人が行う手続き
・PC本体とプロダクトキーカードを用意して、Microsoft のサポート窓口に連絡して、譲渡を受けた PC に付属の Office を使用したいことを伝えます。
譲渡を扱っている担当部署を紹介される場合は、そちらの窓口で手続きをします。

--- 2021-05-21 追加 ---
Microsoft サポート窓口への、電話による問い合わせ方法が変更となっています。
従来はフリーダイヤルの電話でオペレーターと話をすることができましたが、フリーダイヤルの電話は廃止になりました。

変更後の問い合わせ方法は、こちらの<お問い合わせ>から問い合わせアプリを開いて、表示画面下部に簡単な説明(例:Office の譲渡など)を入力してメッセージを送信 (または Enter 入力) で次に進み、問題は解決しましたか?に「いいえ」を選択します。
担当者とお話しいただくこともできます を指定して、製品を選択して[次へ]、問題点の選択でインストール項目を選んで[次へ]で進み、適当な Microsoft アカウントでサインインすると、担当者と話すのコールバックとチャットが選択できます。

Windows 10 を使用時は [スタート] メニューの [問い合わせ] からも行えます。
入力ボックスに 「Office譲渡」などと入力して Enter で実行し、一番下に表示されるサポートを受けるから、製品とサービスで [Microsoft 365 と Office] を選び、カテゴリでインストールを選ぶとコールバック希望 (電話予約) とチャットの選択になります。

コールバックは電話による問い合わせで、連絡を貰いたい電話番号を入力、予約する方法で、サポートから入力した番号に電話がかかってきます。
チャットは、PC 画面で文字(短文) の対話で行う方法です。
※サポート窓口の営業時間は、平日 9:00~18:00、土日 10:00~18:00 で、祭日は休みです。
-----

・いろいろ聞かれることに答えて、有償 (2~3千円) で新しいプロダクトキーと Office をインストールするための DVD を送付して貰うことになります。届くまで1週間前後かかります。
 ※コロナ渦の影響と思われますが、発送まで1~~2か月となる場合があるようです。
 ※DVD ドライブのない PC の場合は、どう対応すれば良いか忘れずに確認してください。
 ※Office 2016/2019 などの新しいバージョンは、初めから DVDなどのメディアは無いため、新たなプロダクトキーの再発行だけで、インターネット接続によるインストールになると思います。

・手続きすると、元のユーザーに紐づけされていた Office のライセンスが解除されて、新たな Microsoft アカウントで Office を再インストールすることが可能になります。
 手続き時にユーザー希望により選択できるのかわかりませんが、最新の Office 2019 も DVD が送付されることもあるようです。 このような場合、Microsoft アカウントのアカウントページに紐づけされず、インストールするときは DVD に付属のプロダクトキーで行うようです。

Office 2019 を譲渡の場合、手続きにより下図のような DVD とプロダクトキーが送付されてくるようです。
注)前述したように、Office 2021/2019 は譲渡サービスが終了となって、DVD の送付もなくなりました。

zu210801-1.jpg

注) Office Premium 搭載の場合は、Office 365 サービスが付属していますが、これを利用できる権利は元の所有者に制限されていますので、譲渡できるのは永続ライセンスの Office Premium 本体 (のアプリ部分) だけになります。

zu181115-1.png
Office 付きのパソコンを譲渡する場合の手続きの流れ

Office の付いている中古 PC を購入時に、付属しているもの次第では Office はライセンス違反の状態での使用となったり、そもそも Office を使用する権利がない、ということになりますので、中古PC を購入やフリマ、オークションなどで入手するときは、正規のプロダクトキーが付いていることも確認しておくべきと思います。


中古のパソコンを購入して Microsoft Office が入っていた場合、Office のプロダクトキーが無いと譲渡手続きを行うことができませんので、ライセンスに違反した不正使用になり、使用する権利がないため削除が必要です。
PC の初期化、Office のオンライン修復、Office の再インストールなどを行うには、上記の譲渡手続きを行って、自分の Microsoft アカウントなどで使用できるようにしておく必要があります。

Office 2013 を譲渡の場合、譲渡手続き行うと Office 2016 にアップグレードされて利用に変更されているようです。
Office 2013 と Office 2016 はメインストリームサポートが終了して、延長サポート(セキュリティ更新のみ) になっています。
Office 2010 以前はすべてのサポートが終了しています。
Office 2013 は 2023年4月、Office 2016 と Office 2019 は 2025年10月に延長サポートが終了します。
サポートが終了した製品はセキュリティ リスクが高くなるので、新しい製品の購入をお勧めします。

--- 2021-03-25 追加 ---
サポートが終了した Office 製品については、すべてのサービスも未対応となって、譲渡手続きもできなくなるようです。
(現時点) Windows用:Office 2010以前のバージョン、Mac用:Office 2016以前のバージョン

サポート終了により、更新プログラムの提供、テクニカルサポートなどのほか、譲渡などの手続きに関するサービスもすべて終了となったようで、譲渡による所有者の Microsot アカウントを変更して使用することができなくなるそうです。
office2016のライセンス譲渡について

nice!(3)  コメント(24) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 24

田中 敏郎

記事読ませて頂きました。
譲渡ではありませんが。

Office 2013についてですがWin7よりWin10
にアップグレードしたいのですが
リカバリあるいはクリーンインストールした場合消えると
思いますが最インストール
の方法も同じようにすることでOKですか?
プロダクトキーは有ります。

よろしくお願いいたします。


by 田中 敏郎 (2019-04-13 14:21) 

s-zenba

Office 2013 は、プレインストール版とパッケージ版により、再インストールする手順が違います。
プレインストール版は、プロダクトキーを使用して再インストールしますが、パッケージ版は Office に紐づいている初回の Microsoft アカウントでサインインして、再インストールします。
Office 2016 以降は、すべて Microsoft アカウントで行います。

by s-zenba (2019-04-15 00:55) 

田中 敏郎

有難うございます。

Microsoft アカウントにはサインイン状態で現在使用しております。

クリーンインストールする前にサインアウトしてから操作を行い
Win10が立ち上がってから再インストールする時に
Microsoft アカウントにサインインして行えばよろしいのでしょうか?

再びの質問ですが宜しくお願いします。
by 田中 敏郎 (2019-04-23 18:03) 

s-zenba

OSをアップグレード(インストール)後に、
https://account.microsoft.com/services/ にアクセスして、
Office に紐づいている Microsoft アカウントでサインインし、Office をインストールします。

by s-zenba (2019-04-23 23:42) 

田中 敏郎

有難うございます。

アドバイス有難うございます。
感謝です。
by 田中 敏郎 (2019-04-24 15:01) 

hakami

実はこちらの記事「オフィス付きパソコンの譲渡」18-11-16を見て愕然としております。実は本日W10中古PC(2019オフィス付き)をオークションで出品して落札者に送品したのですがプロダクトキー及び設定したメアド(ヤフーめーるですがこれがアカウントになっています)登録時のPWまで全て渡してしまったのです。
“支払いの情報が洩れる”と書いてありますがカードの利用なども全部知れてしまうってことなのでしょうか?当方が今から何か講ずる手段はありますか?当方PC知識はずぶの素人ですので判り易くご教示頂ければ幸いです。

by hakami (2019-12-24 23:09) 

s-zenba

開示してしまった Microsoft アカウントは削除、または Microsoft サポート窓口に問い合わせて、使用停止にしてください。
ただし、同じアカウントに別の製品などのライセンスがあるとすべて使えなくなるため、窓口で相談してください。

by s-zenba (2020-01-23 18:08) 

kubota

yahooオクで、『Microsoft Office Professional Plus 2019 正規認証プロダクトキー付き』なる製品を興味本位で購入しました。大量の同様な製品が出品されています。1000円未満の価格からして正規品とは思えません。しかし、正規のMicrosoftサイトからダウンロードもでき、インストールもできました。認証もできました。しかしながら、Microsoftアカウント・パスワードは、譲渡されていません。
他のメインの私自身のMicrosoftアカウントに切り替えてこのサブのPCのofficeを使用すると何らかの支障があるのでしょうか。また、このような商品はどのような仕組みなのか考察があれば教えてください。
by kubota (2020-02-10 14:38) 

s-zenba

Office Professional Plus 2019 など、Plus の付く製品は法人向けのボリュームライセンス製品なので、ライセンス許諾条件に違反しますので個人使用はできません。
プロダクトキーは搾取したものであることも考えられます。
ライセンスチェックが実行されると使用不可となり、悪質とみなされる場合は摘発対象になる場合があります。

by s-zenba (2020-02-22 15:30) 

わたり

今回ここの記事を見てサーフェスプロ3に付属のOffice2013の譲渡の手続きをしました。
コロナの影響で届くまで1〜2ヶ月かかると言われました。
だからかわかりませんが料金は無料でした。そして付属のは2013ですが送るのは2016になりますとの事。

時間こそ掛かりますが嬉しい誤算だらけでした!
by わたり (2020-09-20 16:29) 

HN

こちらの記事は的確で素晴らしいです。
おかげで、Officeの譲渡の手続きができました。ありがとうございます。
by HN (2021-02-17 10:49) 

Riot In Lagos

Officeの譲渡について
2021年6月以降、問い合わせアプリからのコールバックになる予定。
2021年5月19日マイクロソフトに確認済み、
メンテナンスのため、問い合わせアプリからのコールバックとなりました。
問い合わせアプリは削除しないほうがよろしいかと
6月以降にページの更新をお願いします。
by Riot In Lagos (2021-05-19 15:12) 

Q

プリインストール版のライセンスはデバイスに紐付けられてるのに、運用時はユーザーに紐付けるのは意味わからんですねぇ。

by Q (2021-05-24 11:35) 

s-zenba

公式の情報が見当たりませんが、プレインストールの Office は日本独特の販売形態で、海外では別買いが一般的のようですから、セットアップでライセンスを付与する方法をグローバルで統一しているためではないでしょうか。
ストア版のプレインストール版を使用の場合は、ユーザーごとにインストールすれば使えるようなので。




by s-zenba (2021-06-19 01:45) 

TOMO

こちらのブログ参考にさせていただきました。本日、ヤフオク!で購入した中古パソコンに付属してましたOffice H&B 2019のプロダクトキー台紙を使って新しいキーが発行されることになってのでお礼申し上げます。

手順はここにあるお問い合わせページにジャンプして問い合わせアプリを開くで、「Officeの譲渡」を検索して、ページ一番下のサポートを受けるからMicrosoft 365とOffice、課金およびアカウントを選んで確認する。サポートを受けるのページでチャットを選び3分ほどでつながりました。

譲渡Officeを自分のMicrosoftアカウントに紐づけたいというとプロダクトキーを聞かれて、同じプロダクトキーは使えないので、ディスクを購入してもらうことになる。コールバックすると言われて10分ほど待つとかかってきました。

Microsoftアカウントでログインしていたのでそのメアドに認証番号を送ると言われてその5桁の数字を伝えると本人確認終わり。改めて口頭でプロダクトキーを言わされて、送付先の住所、氏名を伝えて終わり。なんと今はシステムメンテナンスで請求ができないため特別無償でDVDメディアとプロダクトキーを送ってくれるという。1~2ヶ月かかるそうな。

しかしメンテナンスってホントかな。
by TOMO (2021-07-10 15:45) 

s-zenba

コメントの件参考にさせて頂きます。
通常時の1~2週間で発送のときは、有償クレジットカード払いとなるのですが、大幅に遅くなってしまうので無償にしたのでしょうね。
おそらく、コロナ渦で要員の確保や対応に影響が出ているのでしょう。

by s-zenba (2021-07-11 13:26) 

TOMO

https://i.imgur.com/q7ynuJn.jpg

本日無事無料版のディスクが到着しました。2週間半でした。
古いキーは無効になって新しいキーは自分のMS垢に紐付けられてラッキーでした。
by TOMO (2021-07-28 17:04) 

KEN

本日手元に譲渡されたPCとプロダクトキーを手元に手続きを行おうとサポートに電話したところ、この1~2週間の間に、海外からのプロダクトキーとDVDの発送はしなくなり、元の所有者に使える状態にしてもらうしかないとのことでした。現在は初期化されたPCでもプリインストールされたOEM版でライセンス認証された状態ではありますが、いつ使えないような状態になるかはわかりません。今後は上記の手続きは難しいものと思われます。
by KEN (2021-10-31 17:32) 

s-zenba

コメントおよび情報をありがとうございます。
メディアの有無は大した問題ではないですが、元の所有者に使える状態にしてもらう対応については、いくつかの疑問点があります。

・最近のOfficeは所有者のMicrosoftアカウントに紐づけされて、変更することも不可で、付属のプロダクトキーは使えない状態になります。
新しいOfficeは、最近アカウントページにあったプロダクトキーの表示もなしに変更されたので、譲渡に伴って所有者を変更する別の方法があるのでしょうか。

・Microsoftアカウントは個人情報(名前、メールアドレス、パスワード、クレジットカード情報など)があるので、他者に開示することは不可です。

・元の所有者がオフラインインストール用のOfficeをダウンロードして一緒に渡しておくなどで、再インストール、ライセンス認証が可能にできるということなのでしょうか。

・これまでは、元のプロダクトキーカードが唯一Officeの所有を示すものになっていましたので、Microsoftアカウントを開示しないで、元の所有者に使える状態にしてもらうという具体的な方法が、どのような方法なのか良くわからないですね。


by s-zenba (2021-11-01 21:04) 

moom

わたしもKENさんと同じ対応でした。
アカウントで認証した状態で譲ってもらえとのことです。
以下はMicrosoft OfficeのSetupオペレータの方がブログで紹介している記事です。
2021の発売に伴い、2019のみ認証仕様変更・譲渡手続き終了、2013、2016、Premiiumは譲渡継続。
この方よると2016はまだ譲渡手続きできるようなので、s-zenba様の情報と食い違いが発生していますので、情報の信頼性的には要確認なのかもしれません。

https://webiker.org/blog/microsoft-office-authentication-method-has-changed/

パソコンに付属しているライセンスなのに納得できませんね。手持ちのプリインストールパソコンに使用したアカウントをつかって、別のパソコンにインストールしたら認証通りました(通るかどうかの確認だけです。サポートは利用規約違反だけでなく、技術的にも認証は通らないと言っていましたので試しました。)。
パソコンに付属のライセンスとは言えない状況になりつつありますね。



by moom (2021-11-22 14:17) 

s-zenba

KENさん、moonさん、コメントありがとうございます。
記事内容に追加しておきました。

by s-zenba (2021-11-28 02:39) 

ケン

Premium譲渡は終了間近だと思われます!

素晴らしい情報基地の継続整備ありがとうございます。

先日Premium付PC&付属キーカードを中古で買い、MS社に電話して譲渡手続きを行いました。Premium譲渡用DVDは在庫がないので(正確には在庫は極めて稀少)、代わりにOffice2021をお送りしますと言われました。しかしそれでは先々のアプデができないと強く申し出たところ、かろうじて従来のPremium譲渡用DVDを送ってもらうことができました。

今でさえそんな状況ですので、今後Premiumの譲渡は限りなく難しくなると思われます。

とはいえPremiumが付属になっていた時代のPCは、ハード的に完全にWin11にアプデできないものが多いようですので、そこら辺りの兼ね合いの問題になってくるとも思われます。Premium自体はWin11でも動作するようですが、Win10のサポートが終了する2025年以降、マトモにOSを維持できないかも知れないPCにPremiumが乗っていてもどうなんだろう? とも思います。
by ケン (2022-03-29 09:48) 

ケン

失礼致しましたHNがかぶってしまいました、私はKEN様とは別人のケンでございます。

上記Premium譲渡用DVDは早々に到着してインストール&アプデ完了。その後MS社からアフターフォローと称する電話をいただきました。その際再譲渡に関して質問したのですが、今回のPremium譲渡用DVD付きPCについては譲渡は1回限りで、この後の再譲渡は認めないとの回答でした。こちらのサイトに、2010以降のプレインストール版については譲渡回数制限が解除されたようだとの情報がありましたが、Premium譲渡用DVDに差し変わったPCについては(この電話での情報においては)1回限りという制限が付くということでした。
by ケン (2022-04-06 06:02) 

s-zenba

Microsoft Office の譲渡回数は原則1回に限定で、昔から変わらないようです。
Windows XP/Office XP(2002) のサポート技術情報(KB)に書かれていましたが、古い記事のため現在は削除されていて、同様の公式上方はないようです。
---

永続ライセンスの場合は、サポート期間が終了するとセキュリティ更新がなくなり、新規のダウンロードサービスもできなくなるようです。
サポート期限も 2016以前が10年間、2019 が 7年間、2021 が 5年間と短くなってきていますので、サブスクリプションとの価格差も縮まってきています。
取得のライセンスは永続で残るので永続ライセンスといいますが、永続使用できるという意味ではありません。

プレインストール版の場合は、PC価格に 2~2.8万円上乗せされた日本独自の販売方式で PC と一体の製品のため、新しい OS 対応の可否、ハード的な性能、寿命といったこともあるでしょうが、永続版自体が果たしていつまで続くのかでしょうね。

by s-zenba (2022-04-08 23:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。