So-net無料ブログ作成

Word の印刷設定 [Word]

Word の印刷機能で用紙への印刷、PDFファイルやXPSファイルに出力する際に、表示される印刷プレビュー画面の設定機能を整理してみました。

Word で設定可能な用紙サイズは 2.6mm~558.7mm となっているので、A3以下のサイズでは殆どそのまま使用できますが、これ以上のサイズは大判サイズに対応したプリンターによる拡大印刷が必要になってきます。
※ A4サイズ対応のプリンターの場合は A4サイズ以下に制限されるので、大きいサイズはポスター印刷などによる印刷が必要になります。

一般的な用紙サイズ
181230-1.png

1.Wordの印刷画面と機能
[ファイル]タブ → 印刷 または [Ctrl]+P キーを押すと印刷設定プレビュー画面になります。
用紙イメージ下部の[ページ数]で表示ページを変更、ズームで表示サイズを変更できます。

181230-2.png

181230-3.png
*用紙および印刷方法などの設定は、Word の設定とプリンター設定が連動しています。

右下部のズームバーで倍率をを小さくすると複数ページが表示されます。
181230-4.png

2. 設定機能の使い方
■① [印刷]ボタン、② 部数
印刷設定内容に従って、指定された部数の印刷を開始します。

181230-5.png

使用プリンターに「印刷前にプレビューする」という機能がある場合は、有効にしておくとプリンターの印刷状態を確認してから印刷ができます。また、誤って印刷指定した場合などには印刷を取り消すこともできます。
用紙に全面印刷するためにページ設定で用紙の余白を 0mmに設定しても、Word の印刷プレビューはプリンターの最小余白が表示されます。
「印刷前にプレビューする」はプリンター側の設定を使って、余白なしのフチなし全面印刷されることが確認できます。

印刷の取り消しを Windows 10 の操作で行う場合は、図のような手順で行うことができます。

181230-6.jpg

■③プリンター
印刷出力するプリンターを指定します。
既定では、Windows のデバイスとプリンターで設定されている「通常使うプリンター」が表示されます。

181230-7.png

■④プリンターのプロパティ
印刷の設定をプリンター(ドライバー)側で行う場合に指定します。
印刷用紙の種類、印刷品質の指定、フチなし印刷、ポスター印刷、モノクロ印刷など、Word の印刷設定に無い方法で印刷したい場合に使用しますが、通常の印刷設定をプリンター側で行うこともできます。
プリンターのメーカー、型式により設定方法が異なるので、プリンターのマニュアルを参照してください。

181230-8.png

■⑤印刷範囲の指定
文書の印刷したい範囲、印刷する情報を指定します。

181230-9.png

すべてのページを印刷 ・・・ 文書の全ページを印刷します
選択した部分を印刷  ・・・ 文書で選択している範囲だけを印刷します
現在のページ     ・・・ 表示しているページのみ印刷します
ユーザー設定の範囲  ・・・ 指定したページ範囲、またはページとセクション範囲を印刷します
ファイル情報     ・・・ 選択した情報を印刷します
変更履歴/コメントの印刷 ・・・ チェックありの時は、文書の変更履歴、コメントを記録している場合に印刷します。
奇数ページのみ印刷、偶数ページのみ印刷 ・・・ 選択すると手前にチェックが付き、指定ページが印刷されます。
※文書プロパティを印刷したい場合は、オプションの表示の印刷オプションで指定します。

■⑥ページ
文書の特定のページやセクションを指定して印刷するときに指定します。
例. 1,2,5-7、p1s1,p2s2、p10s3-p20s5 のように、カンマとハイフンで範囲を指定します。
ページ番号を指定すると [ユーザー指定の範囲]に変わります。
1枚の用紙に指定した複数ページを割付印刷する場合も使用します。
例. 1ページ目を用紙1枚に4ページ分印刷したい場合、同じページ番号を指定して、印刷方法の4ページ/枚と組み合わせて印刷します。

181230-10.png

■⑦片面/両面
用紙片面への印刷、両面への印刷を指定します。
両面印刷時に表面側から印刷するか、裏面側から印刷するかは、オプションの[詳細設定]の印刷で指定します。
両面印刷で横向き用紙に印刷の場合、長辺綴じにすると表面と裏面の上下方向が反対に印刷されます。

181230-11.png

■⑧部単位の印刷順
部数を指定した場合に、ページ順に印刷するか、同じページごとに纏めて印刷するかを指定します。

181230-12.png

■⑨用紙方向
印刷する用紙方向の指定で、ページ設定で指定した用紙の向きが表示されます。
これを変更すると、用紙の向きが変わるので文書のレイアウトも変わります。

181230-13.png

■⑩用紙サイズ
作成文書の用紙サイズを指定します。通常はページ設定で指定した用紙サイズが表示されます。
サイズを変更すると、文書のレイアウトが変わります。

181230-14.png

■⑪余白量
ページ設定の [余白]タブで指定している余白で [ユーザー設定の余白] と表示されます。
値は表示されないので [レイアウト]タブの[余白]、または [ページ設定] の[余白] で確認します。
余白を変更すると、文書のレイアウトが変わります。

181230-15.png

■⑫印刷方法
用紙1枚に割付して印刷するページ数を指定します。既定の設定は1ページ/枚です。
用紙1枚に複数ページを割付印刷したい場合は文書の用紙の向きとは関係なく、〇ページ/枚の手前に表示の用紙方向イメージの用紙向きで印刷されます。
イメージが小さいので分かり難いですが、1枚の用紙に割付する場合のページ数によって用紙の向きが違っています。

 縦向き文書の場合        横向き文書の場合
181230-16.png

用紙サイズの指定は、作成文書と異なるサイズの用紙に拡大/縮小して印刷出力したい場合に、出力する用紙サイズを指定します。
例えば、A4で作成した文書をA5に縮小や、A3に拡大して印刷したいような場合に指定します。
注) 拡大/縮小印刷はプリンターが対応している場合に指定可能で、Word 側でも用紙サイズを指定できます。

181230-17.png

以上のように Word 印刷設定は基本的な設定が可能で、設定内容はプリンター(ドライバー)側に反映されて印刷することができるようになっています。
Word の印刷設定に無い方法で印刷したい場合は、プリンターのプロパティからプリンター側の機能で設定して印刷が必要になってきます。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。