So-net無料ブログ作成

新元号「令和」に対応する Windows と Office を準備する方法が公開されています。 [Office全般]

あと半月弱になりましたが、2019 年 5 月 1 日より新元号が施行されます。

Windows と Office については、ソフトウェアの自動更新を有効にしてあれば、新元号に対応の更新プログラムが自動で適用されるため、特に何もする必要はないとのことです。

日本の新元号対応に向けて Windows と Office を準備する方法

施行された時に、カレンダーを和暦にして「令和」に変わるかを確認しておくと良さそうです。

Word の今日の日付の入力で、現状「平成」でポップヒントに表示される年月日も、令和に変わると思います。(オートコレクトで日付スタイルを表示する設定にしてある場合)

-----< 2019-4-23 >-----
4/22 時点では、最終的な更新はまだ未配信のようです。
Windowsの令和対応パッチ配信が始まらず、10連休に間に合わない懸念も

-----< 2019-4-26 >-----
本日 4月26日より最終的な更新が配信開始されたようで、自動更新に設定されている場合は段階的に適用されるとのことです。

日本マイクロソフト、新元号対応のWindows向け更新プログラムを提供開始

2019 年 5 月の日本の元号変更に関する更新プログラム

----- 2019-05-04 追記 -----
元号の変更に対する最終的な更新が配信されているようです。
Windows 10 バージョン 1809 + Office 2019 に Windows Update の更新通知があったので適用すると、和暦のカレンダーが「平成」から「令和」に変わりました。
Word 2019、Excel 2019 の和暦の日付も「令和」に変わりました。
Word で「れいわ」と入力して「令和」に変換し、[Enter] で今日の日付のポップヒントも「令和」に変わっています.

zu190504-01.png


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。