So-net無料ブログ作成

Word 2016 縦書き文書に図形を行内で挿入した時の不具合 [Word]

使用頻度がどの程度あるかだと思いますが、Word 2016 の縦書き文書で図形を作成して、文字列の折り返しを [ 行内] で配置した時に、次のような不具合が発生するようです。

zu082-1.JPG

下図の赤矢印の赤線部分に、[文字列の折り返し] を [行内] で配置しています。
文字列との重なりが分かるように、図形の塗りつぶしは透明度を設定してあります。
[行内] で配置の場合、正常であれば図形は文字列の間に挿入された状態になり、文字列と重なることはありませんが、図形が挿入されている範囲が空白となって、図形のサイズ分だけ下にずれて表示されるため、文字列と重なって文字が隠れてしまいます。

は、文字列の間に図形を [行内] で挿入した例です。
正常であれば図形が配置される個所が空白となって、ここをクリックするとグレー表示になります。図形は下にずれて表示されるため、文字列が隠れてしまいます。
は、行頭部に図形を挿入、配置した状態です。正常なら行頭の空白となっている点線枠部分に表示されるべきですが、下にずれて表示されてきます。
は、図形を円で配置した例です。同じように挿入位置の点線枠部分が空白で何もなく、図形が下にずれて表示されてきます。

横書き文書の場合はこの不具合現象は発生しないで、正常に挿入、配置されます。
この現象は、縦書き文書で図形を [行内] で配置した場合に発生し、図 (画像) の場合には発生しません。
7月の更新で最新のバージョン 1806 (ビルド 10228.20104) で確認しましたが、まだ修正されていませんでした。

暫定の回避策としては、[行内] で挿入する図形を選択して切り取り、[ホーム]タブ > [貼り付け] > 形式を選択して貼り付けで、図の(拡張メタファイル)、(PNG)、(JPEG) などの図に変換して、[文字列の折り返し] を [行内] として挿入、配置するようにします。

nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット