So-net無料ブログ作成

Office を複数のユーザーアカウントで使用時、一部のアカウントで Office が起動しない [Office全般]

Office 2016、2019 などをインストールした PC で、管理者権限のアカウントのほかに、複数の標準ユーザーアカウント(ローカルアカウント)を作成して、それぞれのアカウントで Office を使用することができますが、一部の標準ユーザーアカウントで Office のアプリが起動できなくなることがあるようです。

Office 2016、2019 などの新しい Office は、ストアアプリ版とデスクトップアプリ版という 2種類があり、購入 PC に付属でプレインストールされている Office の多くは、既定でストアアプリ版がインストールされています。

ストアアプリ版の Office はユニバーサルアプリで、セキュリティ面が強化されている反面、フォントやアドインの利用などに制約があり、Microsoft ストア以外から入手以外のものは適用することができません。

デスクトップアプリ版の Office は、以前のバージョンと同様の実行プログラム形式で構成されており、外部から入手のフォント、アドインなども利用可能となっています。

表題のように、一部のアカウントで Office が使用できなくなる現象は、ストアアプリ版を適用している場合に発生することがあるようです。
引き金となる原因はわからない状態ですが、管理者アカウントで Office の修復、再インストールを行っただけで改善されないときは、使用できないアカウントすべてで Office を修復することで、使用できるようになるようです。

ストア版とデスクトップ版の見分け方は以下のページを参照してください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2016/pipcsetup/pipc_re_setup.aspx

※ Word、Excel などのアプリから調べることもできます。
[ファイル]タブのアカウントで、バージョン番号の最後に Microsoft Store またはクイック実行と表示されていますが、Microsoft Store とあればストアアプリ版です。

ストアアプリ版の Office はデスクトップアプリ版に変更することができますので、問題が発生する場合は変更して、現象が再現するか確認してみると良いかもしれません。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。